« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月31日 (木)

年の瀬

 琴光堂、瑞之さんが Rubyくんの手の幅に合わせて枕芯に糸道を彫ってくださっています。
男性なので手は大きいですが、箏を弾いた時にあまりギャップがでないように考えて彫ってもらっています。
17_20201231205901
 出前が多い我が家。いつも注文する中華料理屋さんが持ってきてくれました。
Photo_20201231211201
 珍しいサービスですよね。

さて大晦日、最後の生徒さんはMirandaさんでした。
今年は、会社に勤めていましたが来年は東京大学大学院生になるそうです。
箏も、もっと練習ができると張り切っています。
まだ23歳ですからね。自分の同じ時代を思ったら、Mirandaさんに限らず他の生徒さんも皆さんしっかりしているなぁ、と思います。そして私の教室に通ってくださるお一人お一人、親御さんから預からせて頂いている思いで教えていこう、とあらためて思いました。

Img_4395
 箏で音楽の先端を走り続けている私。そしてそれとは異なる脳を使う教授活動。小さいながらも箏のファンを増やしたいと3ケ所で教えています。以前は、世界観の違いに混乱することもありましたが考えてみたら幸せな人生です。
もちろん教室に関しては代稽古をしてくれている優秀な生徒、高橋弘子がいなければできません。
高橋にはコロナ禍、私が滞在していた広島まで来てもらいボンクリのリハ兼楽譜作成も手伝ってもらいましたし、リモートでのレッスンでは、弾くというよりは、音楽や箏という楽器の構造について考えることをテーマにかなりの曲数のアレンジをしました。
コロナ禍だからこその内容だったと思います。
 その高橋から、今年学んだ一つ一つが血となり肉となったという感謝のメールがあり、時に厳しい内容であったにも関わらず、そのように思ってもらえて良かったと思いました。



来年は、私自身少々環境が変わる予感がしておりますが、それらも含め人生の楽しみと思い一つ一つ焦らず楽しんで取り組んでいきたいと思います。


 今年お世話になったみなさま、ありがとうございました。
そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。

1_20201231214901
2_20201231214901
 
 
 

2021年1月2日(土)

黒田征太郎のアトムの血 上映とライヴ!
開場:16時30分、開演: 17時開演
1部 黒田征太郎「アトムの血」

   原作・作画 黒田征太郎/ 監督: 手塚旬子(nexus)

  ナレーション: 松田美由紀/ 声: 松田龍平、手塚眞、藤竜也、藤田弓子、白竜

  音楽: MANNISH BOYS (斉藤和義、中村達也、近藤等則)

2部 黒田征太郎(ライブ・ペインティング)
  中村達也(ds) 八木美知依(17絃箏、21絃箏、electronics)

前売り: 4,500円、当日: 5,000円
会場: 下北沢ザ・スズナリ 
ご予約・お問い合わせ BIGTORY tel: 03-3419-6261

                                             bigotry@mba.ocn.ne.jp   

Soto
Uchi

 









 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

 SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.3

  SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.3に須川崇志さん(cello)と石若駿さん(ds)とのトリオで出演させて頂きました。
会場が配信機材が所狭し配置され多くのスタッフもおられ事故防止、感染予防のためにも出演時間の直前に入るように指示されていましたが、私は音の安全を最優先させてもらい結構早く入らせていただきました。

アシスタントは Rubyくんと、この日初めて担当するYupeiちゃん。
いつも熱心なRubyくんですが、まだ21歳であどけない一面もある可愛い生徒です。しかし、エフェクトボードや柱の並べ方についてYupeiちゃんに説明しているところを見るとしっかりしてきたなぁ、と微笑ましくなりました。
Photo_20201229094701
 さて、最初の江川良子さん(s)と堀米綾さん(harp)。興味深い選曲で爽やかで心和むサウンドでした。
曲を終え、皆が拍手をすると「あ〜、拍手っていいですねぇ。嬉しいです。」と江川さんの言葉に胸が熱くなりました。
私が彼女たちの歳の頃、師匠や諸先輩方のおかげで自分の実力以上の仕事を日本はもちろんアメリカ、ヨーロッパで行いエネルギーに満ち溢れた生活を送っていました。今、そのエネルギーのやり場が限られいる若い音楽家は私よりも苦しいかろう、と。心の中でエールを送って聴いていました。
Photo_20201229115201
 配信チームも凄腕の方々ばかり。
Photo_20201229115501
オーガナイザー、ピアニスト・作曲家の林正樹さんと。


さて須川さんと石若さんとのトリオ。
石若さんはスピード感溢れる日本のトップドラマーのお一人で私と初共演でした。
初共演だから起こった事を楽しんで演奏しました。
須川さんには、絶大な信頼を寄せていますが、裏切ってくるところも楽しい。
非凡な才能を持つお二人と共演でき「 SAVE THE  CLASSICS」とはいうものの私を助けて頂いたような日になりました。
林さん、クラシックス太朗さん、みどりさん、そして関係者の全ての皆さま、ありがとうございました!
Photo_20201229122801
Photo_20201229115301
撮影:石若駿


年明けはこちらです。
配信もあるそうです。

2021年1月2日(土)

黒田征太郎のアトムの血 上映とライヴ!
開場:16時30分、開演: 17時開演
1部 黒田征太郎「アトムの血」

   原作・作画 黒田征太郎/ 監督: 手塚旬子(nexus)

  ナレーション: 松田美由紀/ 声: 松田龍平、手塚眞、藤竜也、藤田弓子、白竜

  音楽: MANNISH BOYS (斉藤和義、中村達也、近藤等則)

2部 黒田征太郎(ライブ・ペインティング)
  中村達也(ds) 八木美知依(17絃箏、21絃箏、electronics)

前売り: 4,500円、当日: 5,000円
会場: 下北沢ザ・スズナリ 
ご予約・お問い合わせ BIGTORY tel: 03-3419-6261

                                             bigotry@mba.ocn.ne.jp   

Soto
Uchi

 









 

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

師走 III

 先日、愛知県への移動を反対している人のことを記しましたが多くの生徒さんのお気持ちを聞き結局、感染予防対策をしながら教授活動は続けるという方針で進むことにしました。
1223
 朝の羽田空港。富士山が見えました。
1223_20201227225401
 霧がかかっていたこともあり窓からは虹が!
Photo_20201227225501
 松本雅夫作曲「星のように」を合奏しました。
各楽器の頭を揃えるなど基本練習をしましたが、今回ばかりは幸せだなぁ〜、としみじみ感じました。
Photo_20201227225901
 初夏にやっていた高橋弘子のアレンジレッスンを再開。
調弦もすべて考えてもらいますが半音の転調が続くため、この柱並び。
クロマチックですから1本、間違えるととんでもないアルペジオになってしまいます。
来月は、お披露目できると良いなぁ、と思っています。
Photo_20201227230301
 井上ひろみちゃんから頂いた白檀の香りがする干支の置物。
来年への期待が膨らみますね。
Photo_20201227230501
 イオン常滑に買い物へ。友人村田くんが教えてくれた場所へ行ったら流れていました。
可愛らしい招き猫がたっくさん売られていました。皆様もぜひどうぞ。
Photo_20201227230701
 東郷町教室も新年のしつらえ。
2_20201228000201

Photo_20201227230801

 栄養をつけて、これからも元気に過ごしていきたいと思っています。
Photo_20201227231001
 こちらは東京教室のいつも陽転思考の黒ちゃん。17絃箏を挑戦中です。
しかし、時におっちょこちょい。
座る位置が逆で〜す。


今年、良かったこと。
それは、生きていることです。
生きている、それだけで万々歳。

次につながっていきます。

 

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.3

いろいろ、ご報告させて頂きたいことはありますが、その間もなく明日がやってきました。

 SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.3
魅力的な出演者ばかりで演奏後はずっと聴いていたいですが密を避けるために極力会場に滞在しないように工夫されています。

私は、15時〜15時45分、須川崇志さん(cello)、石若駿さん(ds)と初トリオで参加させていただきます。

ぜひ、配信でお聴きくださ〜い!

SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.3

12月27日(日)12時〜22時

視聴するには https://ima-ticket.com/event/233

さらに応援してもらうには https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/01affu11dwmfv.html



 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

四家卯大さん (cello)とDuo他

 即興演奏を上達させるには、なんといっても本番の回数。

 ペーター・ブロッツマン(s)さんとポール・ニルセン・ラヴ(ds)さんとのツアーでも、私の音は後半になればなるほど勢いは増しながら無駄な音が減り、研ぎ澄まされていきました。

 
ここのところコロナ禍という言い訳で作曲はしていましたが、即興演奏は随分さぼっており、不安というよりは四家卯大さんとのデュオで何を感じ、何を思うのかという自身に興味がありました。

 演奏中、様々な局面で選択肢があり、そこで自分が決める方向性が我ながら変な人だなぁ、と。
個人的に思っていることをしゃべるような気持ちで、ノイズもバラードも四家さんと演奏させていただきました。

 この音楽に共振してくださる人たちは世界を見渡せば多くあり、その方々の耳、心に届けたい、とあらためて思いました。

 四家さんは、素晴らしかったです。


 さて、私はジャズの音楽家と比べると本番の回数が少ないのですが、ほぼ毎日演奏している音楽家の友人は大勢います。その人たちに対して心無い言葉を聞いた時はとても悲しく思います。その友人たちだって苦しんでいると思います。演奏が仕事で、その演奏料で生きているのですから。帰宅後は全身除菌、楽器カバーや楽器も除菌。その後、お風呂でシャンプー。どの業界も同じです。何も保証がないのに辞めろというのは、食べるな、水飲むな、と言うのと同じ事ではないでしょうか。

 私は様々な事情があり、食事は届けてもらうなど、できるだけ外出しないように努めています。ですから生徒さんには、ある程度安心して習ってもらえる状況下にあると思っています。ただ、全く外出しないというわけではありません。一昨日も下北沢で演奏しましたし、1週間に1回は銀行やコンビニにも支払いなどで行きます。出来るだけ気を付けています。

 ところが先日、「東京の人」という大雑把な括りで愛知県でのレッスンを反対する人の意見を聞き、本当に残念でなりませんでした。その人の気持ちもわからないわけではありません。帰郷しレッスンを反対している人は医療関係者で、私がその人から感染するというリスクがゼロではないので逆に迷惑をかけるという、はからいもあった事と思います。しかし音楽も立派な仕事であり、生きていく術なのです。

「すみません、東京は感染者が多いので行きません」と言って仕事を断るトラックの運転手さんがいるでしょうか。いるかも知れません。でも数は少ないと思います。

 私の愛知県の車を洗車し、ガソリンを入れるなど、なるべく私の雑務を減らしてくれた生徒さん。一緒に合奏することを心から楽しみにしてくれている事と思います。一人を例に挙げましたが、その生徒さんだけでなく、レッスン日を心待ちに練習し日々を過ごしてこられた生徒さんたちにとって、箏を弾く時間はビタミン剤のようなものだと思います。

 音楽が他種と同様に意義ある仕事と理解してもらえるとありがたいです。

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

師走 II

 来年まで、あと残すところわずかとなりました。今年は、世界中の誰にとっても特別な年だったと思います。

 そのような中、音楽活動をLiveの他、作曲、編曲、レコーディング、配信Live、教授活動も一部の生徒に限りアレンジなどのリモートレッスンに切り替えてやってまいりました。我ながら、頑張ってきたのではないかと思っています。

 緊急事態宣言に入り、次々とLiveが中止になり、この後、どんなに暇になるのだろうか、と思っていましたがアンビエント曲を52曲書き、東京芸術劇場で行われるボンクリフェスで弾く箏二重奏「ざざんざ」を書き上げ、並行してインスタグラムLiveに出演。そうこうしているうちに、
世界中の音楽家が在宅しているので欧米時間でも日本時間でも曲を書いたりレコーディングをしたりメールをしたりでコロナ架以前よりも日夜問わず活動することになってしまっていました。

 疲れているという気持ちよりも、アイデアが湧き、弾きたい、残したい、という思いの方が完全に勝ってしまっうのですね。

 充実というより、ちょっと狂っていたかもしれません。(笑)

 しかし、そのせいで愛知県のレッスンも、外出自粛という理由ではなく、コロナ感染でもなく、体調不良で行けない月もありました。楽しみにしていてくれた生徒さんの声を聞いたときに、なんて事をしてしまったんだ、と自身の体調管理ができない未熟さを恥じる日々。
 
 というわけで在宅でもできる運動の為にステッパーを購入。そしてまたリモートでMako Kubeck先生のジャイロキネシスをパーソナルレッスンを受ける事にしました。体力を増強し、忙しくなっても倒れないおおらかな精神を養う。
今の所、楽しく続けられています。

 先生曰く、自分ではまっすぐ立っているつもりでも少し左を向いていると指摘を受けました。常に箏を弾く姿勢で、顔が左の方を向いているようです。箏演奏家のみなさん、うちの教室では良く練習するH・Tさん、気をつけた方が良いですよ〜。

 先日、ある方に私の20代の話をする機会がありました。大抵の人に私の人生のこれまでを話すと過酷で面白くて奇跡の連続で本にした方が良いよ、言われますが、その過酷さは現代ではなかなか想像できない内弟子と言われる世界から始まります。批判として記しているわけではなく、あくまでもその体験が私の血となり肉となっているのは明らかなので今となってはすべて感謝しています。


 その時代の母について言うと、内弟子生活が始まって2ケ月目に、電話で泣いてその辛さを母に言ったら「そんな電話だったらかけてくるな」と一喝され、一方的に切られてしまいました。

 唖然とした私。

 でもその瞬間、初めて、ここで生きていくしかないんだと実感し、日々行われるいじめも耐えるというよりは無感覚で受けられるようになっていきました。一つの家で暮らしている先輩に対して口答えはもちろん抵抗もできませんが、やっと1年後に泣かない日が訪れ、その後はその日も減り、その先輩に対してはっきりとした反感を持てるくらい自我が強くなっていきました。

 今の自分のふてぶてしさからは想像できない弱い自分です。

 そう話しながら、私が音楽家として立っていられるのは、多くの心ある諸先輩や友人、慕ってくれる生徒、そして母と夫の愛情があるからだと再認識し、自分の中にあったエネルギーも思い出しました。

 いまだ箏を弾いていられるこの人生、ありがたいものだと思います。

Photo_20201218204401
 かずみさんから頂いたお花。ありがたいです。皆さんをお迎えしています。

Ruby_20201218213401
Rubyくん、17絃箏デビュー!

Photo_20201218213501
「 In to the Forest」デビュー!

Photo_20201218213601
小木曽さん、高校の箏曲部時代の備品入れをそのまま使っています。可愛いですね。

Photo_20201218213701
2_20201218213701
岩牡蠣。広島、倉橋産。季節のもので体力をつけます。

 さて、下記では21絃箏とありますが、17絃箏でチェロの四家さんとデュオをする事にしました。東京の感染者は高止まり。マスクをして演奏しようかなぁ、と考えています。

12月20日(日)
『冬至の作法』
八木美知依(electric 21絃箏、electronics)+四家卯大(cello)デュオ
会場: 下北沢Lady Jane

開場: 19時、開演: 19時30分
料金: 予約3,000円、当日3,500円
問い合わせ: LADY JANE 03-3412-3947、BIGTORY 03-3419-6261
会場:下北沢 Lady Jane


 今の時世に、このような試みで演奏させて頂く事に大変感謝しております。

12月27日(日)
『Save the Classics』
会場: 公園通りクラシックス
 無観客配信Liveです。是非、全国の多くの方に聴いて頂きたいです。ピアニストの林正樹さんからのリクエストで須川崇志さんと石若駿(ds)と Trioで演奏します。15:00〜15:45の出演予定です。今までの経験からいって配信だと低音が非常に聴きづらいので、できればイヤホンで聴いて頂くと繊細な音も聴き逃しにくいかと思います。
 
年末に初トリオ!
129134485_2240412626094435_5951789371900



2021年1月2日(土)
黒田征太郎のアトムの血』上映とライヴ!
開場:16時30分、開演: 17時開演
1部 黒田征太郎「アトムの血」

原作・作画 黒田征太郎/ 監督: 手塚旬子(nexus)
ナレーション: 松田美由紀/ 声: 松田龍平、手塚眞、藤竜也、藤田弓子、白龍
音楽: MANNISH BOYS (斉藤和義、中村達也、近藤等則)
2部 黒田征太郎(ライブ・ペインティング)、中村達也(ds)、八木美知依(17絃箏、21絃箏、electronics)
前売り: 4,500円、当日: 5,000円
会場: 下北沢ザ・スズナリ 
ご予約・お問い合わせ BIGTORY tel: 03-3419-6261
bigtory@mba.ocn.ne.jp

Soto
Uchi
お越しいただける方は、防寒、マスク使用でお楽しみください。

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

師走

 皆さん、師走も10日間も過ぎてしまいました。信じられませ〜ん!
世界中の誰にとっても、特別な1年になりました。
感染で亡くなった友人もいますし、ご家族が入院中で、会えないまま告別式の手配をした友人、家族が医療従事者。

心が痛くなります。しかし、今もなお立ち向かっている友人たちは感傷に浸っていられない日々を送っています。しかも私が想像する以上に快活。
学びます。

中には、優雅なリモート生活を送っている人もおり、その話を聞くと、このような時世でも幸せを満喫できて良かった、と安堵するこの頃です。

今日は、須川宗一郎くんが学校の「自慢会」というイベントで八橋検校作曲「六段の調べ」を弾き、先日参加した「Longing from afar」の紹介カードをクラスメイトに配るそうです。
それがこちら。
Photo_20201210133101
2_20201210133101
 私の弟子らしく、ちょっとおっちょこちょい。左手を見ながら右手で書いたのでしょうね。
爪をつけている手が逆です。💦 爪は深爪ですが、わかりやすい絵、という事でお許しください。

でも、このQRコードにスマホをかざしてみてください。
ちゃんと、Youtubeに飛べました!

Photo_20201210133102
 可愛い箏演奏家から頂いたダリア。
皆さんを玄関でお待ちしています!

12月20日(日)
冬至の作法
八木美知依(electronic21絃箏、electronics)+四家卯大(cello)デュオ
会場: 下北沢Lady Jane

開場: 19時、開演: 19時30分
料金: 予約3,000円、当日3,500円
問い合わせ: LADY JANE 03-3412-3947、BIGTORY 03-3419-6261
会場:下北沢 Lady Jane


今の時世に、このような試みで演奏させて頂く事に大変感謝しております。

12月27日(日)

Save the Classics

無観客配信Liveです。
是非、全国の多くの方に聴いて頂きたいです。
ピアニストの林正樹さんからのリクエストで須川崇志さんと石若駿(ds)と Trioで演奏します。
15時〜15時45分の出演予定です。

今までの経験からいって低音が非常に聴きづらいので、できればイヤホンで聴いて頂くと繊細な音も聴き逃しにくいかと思います。

年末に、初トリオ!

129134485_2240412626094435_5951789371900


会場: 公園通りクラシックス

2021年1月2日(土)

黒田征太郎のアトムの血 上映とライヴ!
開場:16時30分、開演: 17時開演
1部 黒田征太郎「アトムの血」

   原作・作画 黒田征太郎/ 監督: 手塚旬子(nexus)

  ナレーション: 松田美由紀/ 声: 松田龍平、手塚眞、藤竜也、藤田弓子、白竜

  音楽: MANNISH BOYS (斉藤和義、中村達也、近藤等則)

2部 黒田征太郎(ライブ・ペインティング)
  中村達也(ds) 八木美知依(17絃箏、21絃箏、electronics)

前売り: 4,500円、当日: 5,000円
会場: 下北沢ザ・スズナリ 
ご予約・お問い合わせ BIGTORY tel: 03-3419-6261

                                             bigotry@mba.ocn.ne.jp   

Soto
Uchi

 

各会場では、コロナ対策万全の態勢で進められています。体調に気をつけられ、皆さまとお会いできます事を願っております。

 

 

 














 

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

東京教室

 昨日、一昨日は11月最後のレッスン日でした。
感染者は増えていますが、気を使って生活している生徒さんたち。
がんがん弾いて、朗らかに帰っていきます。
マスクなしで弾ける日が、早く訪れますように。
Photo_20201201212101
 清水まゆみさん。上がりました〜!
Photo_20201201212102
 黒ちゃん、結構速いテンポで合奏しました。下北沢のお茶屋さんでの演奏が始められるといいですね。

若くてたくましい生徒たちと話しをしていると、私も元気をもらっているなぁ、と思う日々です。

12月20日(日)
冬至の作法
八木美知依(electronic21絃箏、electronics)+四家卯大(cello)デュオ
会場: 下北沢Lady Jane

開場: 19時、開演: 19時30分
料金: 予約3,000円、当日3,500円
問い合わせ: LADY JANE 03-3412-3947、BIGTORY 03-3419-6261
会場:下北沢 Lady Jane


今の時世に、このような試みで演奏させて頂く事に大変感謝しております。

12月27日(日)

Save the Classics

無観客配信Liveです。
是非、全国の多くの方に聴いて頂きたいです。
ご自宅で食べたり飲んだりしながら、どうぞ。

ピアニストの林正樹さんからのリクエストで須川崇志さん(b、cello)とのDuo、須川崇志さんと石若駿(ds)と Trioで演奏します。
年末に、初トリオ!

楽しみです。
127273735_2236673179801713_2619432400818


会場: 公園通りクラシックス

2021年1月2日(土)

黒田征太郎のアトムの血 上映とライヴ!
開場:16時30分、開演: 17時開演
1部 黒田征太郎「アトムの血」

   原作・作画 黒田征太郎/ 監督: 手塚旬子(nexus)

  ナレーション: 松田美由紀/ 声: 松田龍平、手塚眞、藤竜也、藤田弓子、白竜

  音楽: MANNISH BOYS (斉藤和義、中村達也、近藤等則)

2部 黒田征太郎(ライブ・ペインティング)
  中村達也(ds) 八木美知依(17絃箏、21絃箏、electronics)

前売り: 4,500円、当日: 5,000円
会場: 下北沢ザ・スズナリ 
ご予約・お問い合わせ BIGTORY tel: 03-3419-6261

                                             bigotry@mba.ocn.ne.jp   

Soto
Uchi

 

各会場では、コロナ対策万全の態勢で進められています。体調に気をつけられ、皆さまとお会いできます事を願っております。

 

 

 






| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »