« 師走 | トップページ | 四家卯大さん (cello)とDuo他 »

2020年12月18日 (金)

師走 II

 来年まで、あと残すところわずかとなりました。今年は、世界中の誰にとっても特別な年だったと思います。

 そのような中、音楽活動をLiveの他、作曲、編曲、レコーディング、配信Live、教授活動も一部の生徒に限りアレンジなどのリモートレッスンに切り替えてやってまいりました。我ながら、頑張ってきたのではないかと思っています。

 緊急事態宣言に入り、次々とLiveが中止になり、この後、どんなに暇になるのだろうか、と思っていましたがアンビエント曲を52曲書き、東京芸術劇場で行われるボンクリフェスで弾く箏二重奏「ざざんざ」を書き上げ、並行してインスタグラムLiveに出演。そうこうしているうちに、
世界中の音楽家が在宅しているので欧米時間でも日本時間でも曲を書いたりレコーディングをしたりメールをしたりでコロナ架以前よりも日夜問わず活動することになってしまっていました。

 疲れているという気持ちよりも、アイデアが湧き、弾きたい、残したい、という思いの方が完全に勝ってしまっうのですね。

 充実というより、ちょっと狂っていたかもしれません。(笑)

 しかし、そのせいで愛知県のレッスンも、外出自粛という理由ではなく、コロナ感染でもなく、体調不良で行けない月もありました。楽しみにしていてくれた生徒さんの声を聞いたときに、なんて事をしてしまったんだ、と自身の体調管理ができない未熟さを恥じる日々。
 
 というわけで在宅でもできる運動の為にステッパーを購入。そしてまたリモートでMako Kubeck先生のジャイロキネシスをパーソナルレッスンを受ける事にしました。体力を増強し、忙しくなっても倒れないおおらかな精神を養う。
今の所、楽しく続けられています。

 先生曰く、自分ではまっすぐ立っているつもりでも少し左を向いていると指摘を受けました。常に箏を弾く姿勢で、顔が左の方を向いているようです。箏演奏家のみなさん、うちの教室では良く練習するH・Tさん、気をつけた方が良いですよ〜。

 先日、ある方に私の20代の話をする機会がありました。大抵の人に私の人生のこれまでを話すと過酷で面白くて奇跡の連続で本にした方が良いよ、言われますが、その過酷さは現代ではなかなか想像できない内弟子と言われる世界から始まります。批判として記しているわけではなく、あくまでもその体験が私の血となり肉となっているのは明らかなので今となってはすべて感謝しています。


 その時代の母について言うと、内弟子生活が始まって2ケ月目に、電話で泣いてその辛さを母に言ったら「そんな電話だったらかけてくるな」と一喝され、一方的に切られてしまいました。

 唖然とした私。

 でもその瞬間、初めて、ここで生きていくしかないんだと実感し、日々行われるいじめも耐えるというよりは無感覚で受けられるようになっていきました。一つの家で暮らしている先輩に対して口答えはもちろん抵抗もできませんが、やっと1年後に泣かない日が訪れ、その後はその日も減り、その先輩に対してはっきりとした反感を持てるくらい自我が強くなっていきました。

 今の自分のふてぶてしさからは想像できない弱い自分です。

 そう話しながら、私が音楽家として立っていられるのは、多くの心ある諸先輩や友人、慕ってくれる生徒、そして母と夫の愛情があるからだと再認識し、自分の中にあったエネルギーも思い出しました。

 いまだ箏を弾いていられるこの人生、ありがたいものだと思います。

Photo_20201218204401
 かずみさんから頂いたお花。ありがたいです。皆さんをお迎えしています。

Ruby_20201218213401
Rubyくん、17絃箏デビュー!

Photo_20201218213501
「 In to the Forest」デビュー!

Photo_20201218213601
小木曽さん、高校の箏曲部時代の備品入れをそのまま使っています。可愛いですね。

Photo_20201218213701
2_20201218213701
岩牡蠣。広島、倉橋産。季節のもので体力をつけます。

 さて、下記では21絃箏とありますが、17絃箏でチェロの四家さんとデュオをする事にしました。東京の感染者は高止まり。マスクをして演奏しようかなぁ、と考えています。

12月20日(日)
『冬至の作法』
八木美知依(electric 21絃箏、electronics)+四家卯大(cello)デュオ
会場: 下北沢Lady Jane

開場: 19時、開演: 19時30分
料金: 予約3,000円、当日3,500円
問い合わせ: LADY JANE 03-3412-3947、BIGTORY 03-3419-6261
会場:下北沢 Lady Jane


 今の時世に、このような試みで演奏させて頂く事に大変感謝しております。

12月27日(日)
『Save the Classics』
会場: 公園通りクラシックス
 無観客配信Liveです。是非、全国の多くの方に聴いて頂きたいです。ピアニストの林正樹さんからのリクエストで須川崇志さんと石若駿(ds)と Trioで演奏します。15:00〜15:45の出演予定です。今までの経験からいって配信だと低音が非常に聴きづらいので、できればイヤホンで聴いて頂くと繊細な音も聴き逃しにくいかと思います。
 
年末に初トリオ!
129134485_2240412626094435_5951789371900



2021年1月2日(土)
黒田征太郎のアトムの血』上映とライヴ!
開場:16時30分、開演: 17時開演
1部 黒田征太郎「アトムの血」

原作・作画 黒田征太郎/ 監督: 手塚旬子(nexus)
ナレーション: 松田美由紀/ 声: 松田龍平、手塚眞、藤竜也、藤田弓子、白龍
音楽: MANNISH BOYS (斉藤和義、中村達也、近藤等則)
2部 黒田征太郎(ライブ・ペインティング)、中村達也(ds)、八木美知依(17絃箏、21絃箏、electronics)
前売り: 4,500円、当日: 5,000円
会場: 下北沢ザ・スズナリ 
ご予約・お問い合わせ BIGTORY tel: 03-3419-6261
bigtory@mba.ocn.ne.jp

Soto
Uchi
お越しいただける方は、防寒、マスク使用でお楽しみください。

|

コメント

コメントを書く






« 師走 | トップページ | 四家卯大さん (cello)とDuo他 »