« マリーヤ・コルニヴァさんレコーディング II | トップページ | Plastic Sakura »

2021年2月18日 (木)

蘇ったドレス

 とても気に入っていたYohji Yamamotoのドレス。
かなり肩が出るデザインですが、どんな姿勢で演奏しようとも何故かずり落ちてきません。裾までのラインが美しく、しかも弾きやすい。別件ですが「森の中へ」の CDジャケットで着ていたがっつり肩が出ている赤のドレスは PRADAでしたが、こちらも激しく弾いてもなかなか落ちてきませんでした。不思議ですね。値が値ですから生地といいデザイン、縫製といい特別なのでしょうか。
さて、演奏している写真が見つかりませんでしたが、おおよそこのようなドレスでした。

34274708_1183482225125181_34217577012086
 
 
ですが、汚れかな?汗染みかな?と思って洗ったら無残な状態になってしまいました。💦
途方に暮れていましたら友人が絹100%だから藍で染めてみたら、と提案してくれ生徒さんとそのご主人さまから藍染め師さんの坂東亮、美樹ご夫妻をご紹介いただき(まだ、実際にお会いしたことはありませんが)相談しましたら「とりあえず、送ってください。」とのこと。
坂東さんご夫妻は、藍をまず無農薬で育て化学物質や糖さえ使わない江戸時代に確立された灰汁発酵建てという方法で染めていらっしゃいます。抗菌、防臭、消炎効果もあり健康に良いそうです。はたして〜。


Beforeがこちら。💧無残じゃ。


Before
 そして After!じゃじゃ〜ん。
Afteter
 蘇りました!東京教室レッスン中に届いたので生徒さん達にも見てもらいましたが驚きの変わりようでした。
しかも箱を空けた瞬間にほんのり何とも言いようないかぐわしい木といいますか、これが本物の藍の香りなんでしょうね。心が落ち着くような気がしました。イライラした時に嗅ぐといいかもしれません。😃


今後は表面活着した藍の菌のおかげで汗をかいても臭くならならないので洗わなくても良いそうです。汗染みは、ささっと水で流せば落ちるそうです。しかし菌を殺してしまうのでアイロンかけはNG.
藍ってすごいのですね。ものぐさな私には向いているかもしれません。

さらにこのドレスに愛着が増しました。


坂東さん、そしてご紹介くださいました渡部さん、ありがとうございました。

|

コメント

コメントを書く






« マリーヤ・コルニヴァさんレコーディング II | トップページ | Plastic Sakura »