« 吉田達也さんと Duo | トップページ | マリーヤ・コルニヴァさんレコーディング II »

2021年2月15日 (月)

マリーヤ・コルニヴァさんのレコーディング

 明日は、河崎純さんが作、編曲されたロシアの歌手、マリーヤ・コルニヴァ(vo)さんのレコーディング。
日本の民謡を思わせる曲もあり、河崎さんの解説を読んだら「日本が朝鮮を植民地とした頃、半島からロシア、中国に亡命した人たちが、のちにスターリンの粛清で日本人スパイ容疑にかけられ、中央アジアに強制移住させられ、その名残で中央アジアやロシアには多く「コリョサラム」と言われる人々が暮らしており、その子孫のウズベキスタンの友人の曲です。韓国の東海岸(日本海あたり)神話を用いた人魚(イノ)についての歌っています。」と。
また、他には「ロシア民謡。バラキレフ(19世紀はじめに民衆のための芸術音楽を作るべくロシア五人組が結成された、その指導的立場でロシア音楽の発展に大きく貢献)が採取した古いロシア民謡を、さらに編曲したもの。全体のテーマとしてvoのマリーヤさんのルーツロシア正教の古儀式派という人々の伝説が関わりるが、その人達が江戸時代、空想上の聖地を日本に求めてきたことがあった。また日本からロシアに漂着した人々が、現地で故郷を懐かしんで歌った盆踊りがあるそうで、それを聞いたロシア人がやはり明治に商用で日本に訪れた際に青森県の下北半島でその歌を教えた、といういきさつの盆踊り曲である」など。

人間も長い歴史を紐解くと想像だにしない物語があるものだ、と思いました。
私一人の人生の長さなんて短いものですね。
楽しみです。

写真は、ユーラシアオペラ2018で共演した時の集合写真です。
2018
マリーヤさんは右から6番目、紺のドレスを着ていらっしゃいます。
河崎純さんは座っていらっしゃる方。私は下向いていますね。

 

 

|

コメント

コメントを書く






« 吉田達也さんと Duo | トップページ | マリーヤ・コルニヴァさんレコーディング II »