« 鼻濁音 | トップページ | 藤倉大 どうしてこうなっちゃたか »

2022年1月31日 (月)

映画の邦題

 海外の映画作品がの題名と邦題が異なる点。
このところ見た映画だと
2018年制作、アキ・カリウスマキやロイ・アンダーソンに続く北欧の才能と呼ばれるアイスランドのベネディクト・エルリングソン監督の「Woman at war」アイスランド語をそのまま英訳して英語圏では上映されていますが我が国にくると「立ちあがる女」になります。
このタイトルを作った人の「どうだ、いいだろ」という自信がうかがえる映画の内容ですが、これに関してエルリングソン監督は納得したのだろうか。まぁ、納得したから上映されているのだが、日本に入ってくるともっとわかりやすくしてあげよう、という余計な配慮が伺えます。
 音楽は、チューバ、ハーモニウムまたはオルガン、またはピアノ、ドラムスというトリオと女性3名のコーラスのみ。
内容も音楽も素晴らしい。日本にも、このような映画を制作する度胸があったら、と思います。

そして2000年制作、アメリカのキャメロン・クロウ監督「Almost Famous」は
何故か邦題では「あの頃ペニー・レインと」になる。
内容は邦題を納得させる監督の自伝的実話ですが、やはりこの邦題にするのはお節介かなぁ、と。
主に登場するバンドは、当時の実在する様々なバンドをミックスさせたようなバンドで個人的にはギターの音がものすごく好きでしたが、当時はここまで綺麗なサウンドはなかったのではないかと思います。好きな女優、フランシス・マクドーマンがお母さん役で出ていました。

実話番組好きの私です。
2020年リー・アイザック・チョン監督の幼少時代を映画にした「ミナリ」。
秋の七草の一つ芹をいいます。この邦題は「芹」ではなくそのまま「ミナリ」です。
この作品でアカデミー賞助演女優賞をユン・ヨジョンさんのスピーチは、飾りがなく感動して聞いていました。

個人的見解ですが、邦題でこれは良いと思うものに2009年ポン・ジュノ監督の「母なる証明」。
原題は「Mother」。主演のキム・ヘジャさんの演技が素晴らしく必ず感動し、この邦題で良い、という気にさせられます。
ポン・ジュノ監督の作品は、「Parasite」邦題「パラサイト 半地下の家族」や「オクジャ」を見ていますが大好きな監督の一人です。

もしも見ていない映画があったら、お時間がある時に見てみてください。



さて、2月8日(火)に『朝日カルチャー ボンクリ・アカデミー箏編』を担当させていただきます。是非ご聴講ください。久しぶりにマスクをとってお話できる貴重な機会で私自身とても楽しみにしています。

 次のLiveは2月26日(土)です。

『八木美知依ソロ』
会場: 下北沢Lady Jane
開場17:00、開演17:30〜
料金: 3,200円(予約2,700円)+ドリンク代

 お待ちしております!

 音楽評論家の横井一江さんが『このパフォーマンス2021』に本田珠也さんとのDuo「道場」のLiveを選んでくださいました。こちらです。
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
皆様が健やかでありますように。



 

|

コメント

コメントを書く






« 鼻濁音 | トップページ | 藤倉大 どうしてこうなっちゃたか »