« アナベル | トップページ | Soliloquy〜夜のひとり言〜 FM富山 »

2022年6月18日 (土)

ボンクリと箏の顛末Vol. 12

  2日間、山の中で原稿を書いたり、ラジオ番組の選曲をしたり、松浦このみさん(朗読)と共演する内田百閒作「花火」、M・R・ジェイムズ作「銅版画」を読み返したりしていました。
Photo_20220618164301
 どの公演も一つ一つ丁寧に演奏していきたい、と思っています。
まずは、ボンクリ。
最近知ったのですが、東京芸術劇場に直接電話予約をすると手数料が0円です。
限られた時間での対応ではありますが、是非、ご活用ください!

そしてスペシャル・コンサートのチケットを買われた方は20時から始まる大人ボンクリを無料で聴くことができます。
これが、ものすごく贅沢!
なんといってもコンサートホールに設置されている無数のスピーカーから音楽を流します。ほんと体全体が音に包まれる、といった感じです。
暗い客席の中で、是非、安らぎにいらしてください。
私が選んだ音楽家は大好きな本田ゆかさん、Waclaw Zimpelさん。
ご本人たちも、さぞ聴きたかっただろな〜、と思います。
いつか来日するタイミングで参加して頂けたら良いなぁ、と思っております。
皆様、是非、音楽を体感しにいらしてください。


Photo_20220618165601

7月15日(金)
ボンクリ・フェス2022
藤倉大&ヤン・バング The Bow Maker
会場: 東京藝術劇場 ギャラリー1
時間: 20時15分〜21時(受付20時)
演奏: ヤン・バング(ライブ サンプリング、サンプリング)
   藤倉大(シンセサイザー)
   アイビン・オーセット(ギター、エレクトロニクス)
   エリック・オノレ(シンセサイザー、サンプラー)
ゲスト: 本條秀次郎(三味線)
    八木美知依(17絃箏、21絃箏)
チケット: 1,000円

発売: 2022年6月6日(月)10時〜 電話:0570-010-296
       東京芸術劇場ボックスオフィスオンラインチケット購入

7月16日(土)
ボンクリ・フェス2022
箏の部屋
会場: 東京芸術劇場 ギャラリー1
時間: 11時15分〜12時(受付11時)
演奏: 八木美知依Talon
   八木美知依(エレクトリック21絃箏、エレクトロニクス、歌)、磯貝真紀(エレクトリック17絃箏、歌、per)、高橋弘子(エレクトリック18絃箏、歌、per)、小林道恵(箏、歌、per)
中山晃子(Alive pating)

曲: 組曲「あまつ風」(新作世界初演)
 

チケット: 1,000円

発売: 2022年6月6日(月)10時〜 電話:0570-010-296
       東京芸術劇場ボックスオフィスオンラインチケット購入

スペシャルコンサート
会場: 東京芸術劇場 コンサートホール
時間: 14時〜開演、13時ロビー開場
八木は3曲目藤倉大さん(シンセサイザー)とDuoで藤倉さんとの共作アルバム「微美」より「Oboro」「Hatsuyuki」をエレクトリック17絃箏、エレクトリック21絃箏で演奏。
チケット: 一般3,000円、30歳以下1,000円
先行早割チケット5月23日〜6月5日まで一般チケットが1000円offで購入できます。

発売: 2022年6月6日(月)10時〜 電話:0570-010-296
       東京芸術劇場ボックスオフィスオンラインチケット購入

そして、翌週は松浦このみさん(朗読)との共演。
私の大好きな会場の一つ。
成城学園にありますアトリエ第Q藝術。

7月23日(土)
箏の顛末 vol.12
朗読: 松浦このみ、
作曲、17絃箏、21絃箏、エレクトロニクス: 八木美知依
演目:「花火」内田百閒作
 (筑摩書房刊『ちくま日本文学全集内田百閒』所収)
・「銅版画」M・Rジェイムズ作 紀田順一郎訳
 (創元推理文庫刊『M・Rジェイムズ傑作集』所収)

会場: アトリエ第Q藝術
時間: 昼/13時30分開場、14時開演 夜/18時30分開場、19時開演
前売り: 3,500円、当日: 3,800円
配信: 3,000円(7月30日〜8月7日までアーカイブ配信予定)
チケットお申し込み・お問い合わせ:グスト・デ・ピーロ事務局
tel:080-6539-0270(平日10:00~18:00)
info@gusuto-de-piro.com

Vol12
20220723_02


 14時開演は、席がなくなりつつあるそうです。
お早いご予約をお願い申し上げます。



Yupei_20220618171701  

Yupei ちゃん、ついに地唄の勉強が始まりました!

 

この先も、皆様が健康でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

|

コメント

コメントを書く






« アナベル | トップページ | Soliloquy〜夜のひとり言〜 FM富山 »