« 八木美知依TALON with 中山晃子 | トップページ | 箏の顚末Vol.12 »

2022年7月18日 (月)

ボンクリ

 ボンクリ。世界中の「新しい音」が聴ける素晴らしいフェスティバルです。
新しい友人ができ、久しぶりに海外の音楽家の演奏を生で聴き、新しい仲間と共演し、友人にも聴いて頂き感謝ばかりの2日間でした。アーティスティック・ディレクターの藤倉大さんの人間の大きさにも改めて感動しました。
簡単ではありますが、時間軸でご報告させていただきます。
7月13日(水)
 東京芸術劇場にてリハサール。
まずは、コロナ抗体検査から始まりました。
いつか、こういった事が笑い話になると良いなぁ、と思いつつ少々の不安を持ちつつもTalon全員が陰性でした!
Photo_20220717234101
芸劇チームと。
Photo_20220717234301
Photo_20220717234302
左から、小林道恵さん、高橋弘子さん、私、磯貝真紀さん。

7月14日(木)
ギャラリー1にて中山晃子さん抜きでサウンドチェック

Talon_20220717235101
Photo_20220717235701
 写真家の鈴木達朗さんが特別に写真を撮りに来てくださいました。
The-bow-maker
藤倉大さんとJan Bangさんのアルバム「The Bow Maker」に私と三味線の本條秀慈郎さんがゲストで入る形になりました。
Eivind Aarset(g,electronics)、Erik Honore(synthesizer、sampler)さんとも本当に久しぶりの共演。
とても良い感じです。
その後、藤倉さんと私のアルバム「微美」のリハーサル。
Photo_20220717235901
本日の全てのリハサールを終えたところでTalonのメンバーと藤倉さんと。
Photo_20220718000301
本当に本日は終了〜!
7月15日(金)
スペシャル・コンサートでは、藤倉大さんとDuoでした。
藤倉さんの響き、最高です。
Photo_20220718000601
そして、その後「The Bow Maker」本番。
面白かったです。
その後、すぐにJanさんから本番での音源が送られてきました。
後半に17絃箏をサンプリングした音があるなど、本番で気づかなかった事もあり本番後も楽しみました。
15_20220718001101
 朝早くから夜遅くまで、ずっと一緒の弘ちゃんと。
私と弘ちゃんの生家は、歩いて数分の距離で、幼少の頃から知っていますが、まさか今も一緒にいてくれて、サポートもしっかり、肝心の演奏も素晴らしい、ときて。なかなか無いご縁だなぁ、としみじみ感じています。

7月16日(土)
11時15分〜MICHIYO YAGI 'S TALON with 中山晃子
新作組曲「あまつ風」を演奏させて頂きました。
メンバー、八木美知依(21絃箏、歌、エレクトロニクス)、磯貝真紀(17絃箏、歌、チン)、高橋弘子(18絃箏、歌、ドラ)、小林道恵(箏、歌、編木)
Talon1
Talon2_20220718002601
Talon3_20220718002601
Photo_20220725011401

中山さんは、高橋の少し奥隣に陣をとって。色が皆の衣装にも写り込んで美しかったそうです。
Photo_20220718002601
 芸劇、山下さんとみんなで。

その後、私はスペシャルコンサートで藤倉大さんとDuoをさせて頂きました。

そして20時からの大人ボンクリでは2作品を選出させて頂きました。
Photo_20220718003501
 ゆかさんの人柄がしのばれる素敵な作品で、涙が出そうでした。
2_20220718003501
ヴァツラフ・ジンペルさんとは11月にポーランドでお会いする事になると思います。
これからの共演も楽しみです。

 

濃密な4日間でした。
皆様、本当にありがとうございました。


そして7月16日(日)
お昼に高橋が楽器の荷降ろし来てくれた後は、がっつりレッスンでした。
Miranda_20220718004101
 Mirandaさん、よく練習してありました!



 

 

 

 

|

コメント

コメントを書く






« 八木美知依TALON with 中山晃子 | トップページ | 箏の顚末Vol.12 »