« 諸々II | トップページ | 邦楽子ども教室 »

2023年10月27日 (金)

秋ですね。

 今年は、いろいろな新しい経験が多く、その準備に時間がかかり3月くらいにはすでに年末を迎えても良い気分でした。(笑)ですから、それ以降、ご褒美月が続いているような気持ちです。そして、これからも楽しみ仕事が待っています。本当に皆様に感謝しています。

10月20日、結婚記念日が近い事もあり食事へ。
Photo_20231027205401
 めっちゃくちゃな私の性格をよく我慢してくれています。
10月21日
「晴れたら空に豆まいて」で「水の中のエコー」を聴く。
EUCADEMIX Yuka.C.Hondaさんのソロ、細海魚さんのソロ、そしてMantrahasyaさんを加えてのトリオでした。
Yukaさんのソロ、素晴らしかった〜。
やはり音楽は音色ありきだなぁ、と思う。
EUCADEMIX は、どの断片を切り取っても完成されている。最近は、こういった音楽に特に惹かれます。
進行は、あってもなくても、なくてもあってもどちらでも良いと思う感覚。
とろけました〜。
そして菌作りの上田さんともお話できて良かったです。
上田さんは、菌を研究なさりすぎて野菜を見て畑がわかり、ブロッコリー1個見ても全体の形がわかるとのこと。
 音楽も共通する部分があると思います。
Photo_20231027211001
 ゆかさん、素敵でした。
Lo
 かずみちゃんとLoちゃんにも会え嬉しかったです。
今年の7月にオーフスからコペンハーゲンへ行く途中のドライブインでLoさんの曲がかかっている事をJohanna Sulkunenさんが気付き皆で喜んで聴いたんだよ、と伝えました。かずみちゃん、相変わらず美しく華やかです。

10月23日
 免許の更新など。このところ運転する機会が減った事もあってかゴールド免許に。
恐ろしいです。気を引き締めて運転をしたいと思います。
10月24日
加藤文子さんのグループ「硯箱」にゲストとして演奏させて頂きました。
「硯箱」素晴らしいグループでした。
文子さんは、幼少か19歳までクラシックバレエを習われ、脱西洋になりたい自身と向き合わ今日に至っているそうで「静止」がなんとも美しかったです。色で言うならば「墨絵」を彷彿とさせます。
これから大阪、京都、福岡、神戸とツアーが続きます。
お近くの方は、ぜひ体感されてください。
詳細はこちらです。
395465299_709767040593198_72109638284343
 
Dscf5656  
Dscf5887  
Dscf5621   
Dscf5894
395575438_303377465835767_90149756421629
アシスタントはRubyでした。配線に長けていて助かります。
Photo_20231027220101
 多くのダンサーさんが足を運んでくださいました。
石村弘子さんは、ジョン・ゾーンさんの紹介で共演いたしました。
私としては、チャレンジの一つとなった「卵」との共演。
一生、忘れることはないでしょう。

 

「 Suzuribako」セバスチャン・ストリニング(サックス)、フランツ・ロリオ(ヴィオラ)、加藤文子(ダンス・うごき)
ゲスト:八木美知依(17絃箏、21絃箏)、山㟁直人(パーカッション)、坂上健(ダンス)
会場: 公園通りクラシックス

フランツさんとも久しぶりに共演いたしましたが、改めて才能豊かな方だと思いました。

もちろん他の方々も素晴らしかったです。
また、お会いできたら嬉しいです。

 




 

|

コメント

コメントを書く






« 諸々II | トップページ | 邦楽子ども教室 »