« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »

2024年6月17日 (月)

Japanese Journal Vol.1

 ジャズの世界でクラリネット奏者として鳴らした後、アナログ・シンセサイザーなどをマスターし、現在は主にエレクトロニカの分野で活躍している私の親友、ヴァツワフ・ジンペル。2年前には、私の箏アンサンブルTalon(箏4名)とクラリネットとの曲を委嘱し、初演しました。また、ドラマー本田珠也とトリオを組んで彼の祖国ポーランドをツアーしたこともあります。

 ヴァツワフは昨年から舞台劇の仕事で何度か来日しており、日本の印象などを音楽にした新作『Japanese Journal Vol. 1』のディジタル版が6月21日にリリースされます。

 3曲目「The Blue Clad One」は私とヴァツウフとの共作で、昨年の10月、音源となる21絃箏を我が家の地下スタジオで収録した後、彼がポスト・プロダクションで作り上げました。これを含む2曲がすでにシングルとしてリリースされており、Bandcampで試聴可能です。

 全編とても素敵なアルバムなので、ぜひ聴いてみて下さい。

https://waclawzimpel.bandcamp.com/album/japanese-journal-vol-1

14711521_10153692356421191_7989816440485  
 ヴァツワフは、ラオスの笙Khenの演奏も素晴らしいです。

  

 

 松浦このみさんと様々な打ち合わせ。


7月13日(土)
『箏の顚末 Vol. 13〜源氏物語の女君たち 1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円
チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)
Email: info@gusto-de-piro.com

 
Photo_20240617000501

Photo_20240617000502
 源氏物語初心者であっても、楽しくお聴きいただけます。

是非、お越しください。

| | コメント (0)

2024年6月17日 (月)

源氏物語の女君たち I 「桐壺」 その4

 大雨が降ったかと思うと厳しい日差し。体調がおかしくなっても不思議ではありませんが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は健康維持のためになるべく水分を摂る様に心がけています。
 さて、下記のドラ。日本音楽学研究者、茂手木潔子氏から長くお借りしていました。私の箏のアンサンブルTalonの公演でも2回使わせて頂いておりますが、この度、正式にうちの娘となりました。ありがたいです。
 バチの先は手が器用な高橋弘子が毛糸を編んでくるませ、鈍く味わい深い音が鳴る様にしました。
Jpg_20240616234901
 源氏物語「桐壺」でもこのドラを使います。更衣が亡くなる夏の日を松浦さんが読むところで15秒ほど演奏します。暑くて気だるい空気感が伝わると良いなぁ、と思っています。
 ちなみに、このドラは茂手木氏が韓国か中国で購入されたとのこと。

 一人で音楽を担当しています。そのあたりも、是非お楽しみください。

7月13日(土)
『箏の顚末 Vol. 13〜源氏物語の女君たち 1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円
チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)
Email: info@gusto-de-piro.com

 
Photo_20240617000501

Photo_20240617000502

 渋谷のJazzBar 琥珀へ大村亘さん(ドラムス)さん、落合康介さん(ベース)、 ゲストで入ったSteve Barryさん (p)を聴きに行きました。
 皆さん、素晴らしかったです。
 大村さんとSteveさんは2017年にOrbiturtleという彼らのプロジェクトのレコーディングやコンサートに誘って頂きました。Steveさんは現在、シドニー大学で教授をしつつ、自身の音楽活動も活発にされており、この翌日はベトナムに現地の音楽家らと共演するために旅立ちました。
 Steveさんは一絃琴ダンバウに興味津々のようでした。演奏方法はもちろん、その艶やかで切なく懐が深い音色。私もとても気になる楽器です。
Photo_20240617003101
 左から落合康介さん、Steve Barryさん、大村亘さん。この先も皆さまが健やかでありますように。

| | コメント (0)

2024年6月13日 (木)

源氏物語 桐壺 リハーサルなど

 松浦このみさんと舞台監督にいらしていただき、源氏物語「桐壺」のリハーサルをしました。
 
一から作り上げていく楽しさを味わっています。全曲、即興演奏を含む新作ですが、今までとは全く違う作品ばかりが書けました。これから演奏に磨きをかけていこうと思っています。
Photo_20240613163501
 ご予約をお待ちしております!
Photo_20240613163601
Photo_20240613163701  
7月13日(土)
『箏の顚末 Vol. 13〜源氏物語の女君たち 1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円
チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)
Email: info@gusto-de-piro.com

 
 お昼の席がとても人気です。
夜といっても、まだ明るいです。ご一考され、ご予約くださいませ。お待ちしております!

 先月、演奏に行ったドイツのMoers Festivalのレビューが続々と発表されています。備忘録のためにも、サイトを掲載いたします。
 まずは横井一江さんがJazzTokyo
 Eyal HareuveniさんがThe Free Jazz Collective
 Matthieu JouanさんがCitizen Jazz
 リトアニアのStep Koviteさんが7md
 思いのほか、初日の教会での公演が好評でした。また「エキゾチックではない」という評も嬉しいです。
445248382_2987617441378308_3371316161620
写真:横井一江

 そして昨日は、Markの誕生日でした。旧友と共に過ごし、幸せそうでした。これからも、よろしくね
Photo_20240613171101

 最近見た映画のおすすめは、北野武監督『』。そして待ってました!アキ・カリウスマキ監督6年ぶりの『枯葉』

 長々とお読みいただきありがとうございました。7月13日は、代々木ムジカーザにてお待ちしております。よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2024年6月11日 (火)

初夏の花々

 ご近所の毛利庭園ならぬ茂手木庭園。素敵な花々の中で深呼吸すると、ほんと気持ちが良いです。
Photo_20240611221401立葵、奥はアナベル。
2_20240611221501 立葵
Photo_20240611221601 薔薇
Photo_20240611221602 ネムノキ。好きだわ〜。
Photo_20240611221701  庭園の主は日本音楽学者、茂手木潔子氏です。潔子どのは下戸なのでSHIP Kombucha(紫蘇風味の乳酸菌飲料)、私はWheat Ale. 
 食事と弾丸トークを楽しんで帰宅した頃の庭園。
Photo_20240611222201  ぞっとするほど美しい月見草が咲き誇っていました。

 そして以下の件、ご予約をお待ちしております!

7月13日(土)
『箏の顚末 Vol. 13〜源氏物語の女君たち 1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円

チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)

Email: info@gusto-de-piro.com

Photo_20240607000201
Photo_20240607000301

| | コメント (0)

2024年6月 8日 (土)

TOMEKA REID QUARTETなど

 以前、我が家に取材にいらしたソルボンヌ大学のMarie Buscattoさんの論文が発表され、私の音楽について書いて下さっています。フランス語ですが。💦
 
英語では今年の10月に発売される予定で、現在予約受付中です。学問書なので高価ですが、大学在籍の方などご興味のある方はご予約ください。
 amazonサイトはこちらです。
61jvigvspnl_sl1500_
 さて、6月5日に渋谷BAROOMへTomeka Reid Quartetを聴きに行きました。Markが少々手伝いさせて頂きましたが、素晴らしいバンドでした。自分の音色を持つって大切だなぁ、と改めて思いましたし、あ〜、曲が書きたい!と沸々とイメージが湧いてきます。
 それにしても音楽家や音楽関係者が大勢いらしてました。楽しかったです。
Photo_20240608171001
Jason
 ベースを担当していたジェイソン・レブキさん。「私が聴いたあなたの演奏で、今日が一番沢山の音を聴いたわ〜」と言ったら大笑いしていました。
Photo_20240608171401
 (福岡から来ていた)田中徳崇さんや、ハミード・ドレイクさんら多くの方々からお名前を聞いていた田村さん、やっとお会いできました。
 ギターリストの細井徳太郎さんは同郷の須川崇志さんがご紹介くださいました。
 とにかく音楽家が多く足を運んでいました。
Okkyunlee  
 昔はめったに笑わなかったなぁ。チェリストのOkkyung Leeさん。
Okkyunlee2
 
でも歯に衣着せぬ物言いは健在。私も全く同じ事を考えているのですが、なかなか言えない。
 もちろん私のTシャツを見てTony Buckについて話したり、以前の私とのトリオの本番は「あのもう一人がいなかったら絶対にいい音楽になったよね〜」などなどと。
 Okkyungとアルバム作りたいです。
Photo_20240608172701
 巻上さんとはMoersの話ばかりでした。

 
さて、以下のご予約はお済みでしょうか。ノイズはありません(笑)。ぜひお越しください!

7月13日(土)
『箏の顚末 Vol. 13〜源氏物語の女君たち 1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円
チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)
Email: info@gusto-de-piro.com

Photo_20240607000201
Photo_20240607000301

| | コメント (0)

2024年6月 7日 (金)

『箏に選ばれた女〜箏演奏家・八木美知依の歩む道』

 自分が生きているうちにこういったものが書かれて、その文章が田辺聖子さんらを輩出している大阪文学学校の学校賞として評価される事態になるとは!朗読家・松浦このみさんは作家という顔もお持ちでした。おめでとうございます!大阪文学学校のブログでも7月13日の公演をご紹介いただきました。嬉しいです。
 ブログはこちらです。
Jpg_20240607010401
このような素晴らしい賞をとっても、偉ぶらないのがこのみさんの素晴らしいところ。

7月13日(土)
『箏の顚末 Vol.13〜源氏物語の女君たち1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円
チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)
Email: info@gusto-de-piro.com

Photo_20240607000201
Photo_20240607000301
 是非お早目のご予約をお願いいたします。会場にてお待ちしております。

| | コメント (0)

2024年6月 6日 (木)

日々のこと

 このところpcを持ち歩いていなっかたため、ブログの更新が遅くなってしまいました。

5月26日(日)
 Pak Yan Lau(p他)、Darin Gray(b)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、エレクトリック17絃箏、エレクトロニクス)トリオ
ゲスト: 波多野敦子(vl他)
会場: 公園通りクラシックス 

445539667_18005147345569448_183062398316
Pak
445026698_18005147366569448_829966880981
 音楽が水の様に流れていきました。ありがとうございました。

5月27日(月)
 松浦このみさん(朗読)と源氏物語「桐壺」の初めてのリハーサル。エレクトロニクスは使うものの、全て箏で音楽を担当します。
Photo_20240606211601
Photo_20240606211602
 夜は、この源氏物語の公演中に解説者としてご登壇下さる陣野英則先生のzoom講義。あ〜、楽しい。この未知の世界である源氏物語、平安時代の空気感を皆様にも味わって頂きたいです。是非お越しください。

7月13日(土)
『箏の顚末 Vol.13〜源氏物語の女君たち 1: 桐壺』
• 松浦このみ (朗読)
• 八木美知依(作曲、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
会場: MUSICASA 
昼の部14:00開演(13:30開場)、夜の部18:30開演(18:00開場)
全席自由席 前売り4000円、ペアチケット7500円(前売りのみ)、当日4500円
チケットのお申し込み、お問合せ: グスト・デ・ピーロ
Tel: 080-6539-0270(平日10:00〜18:00)
Email: info@gusto-de-piro.com

Photo_20240606212101
 昼の部が好調にお席のご予約を頂いております。是非ご予約いただき、一期一会の公演に足をお運びください!

5月31日(金)
 『伶楽舎雅楽コンサート No.42〜源氏物語を聴く』を四谷区民ホールへ聴きに行く。
 会場で木村まりさんと待ち合わせ。
 コンサートホールで雅楽を聴くというのは不自然で響きもデッドだろうな、という覚悟で行ったけど、事の外、響きも良く、お客様も集中されていました。
 東野珠実さん作曲の幻想女楽「花かさね」は源氏物語上では御簾の内で聴く音楽でしたが、コンサートとして楽しんで聴いていただける様、工夫されていました。
 また数名のピッチがずれた篳篥の音色は現代にはない響きで、凄いなぁ、と思っていましたが、徐々に合ってきて、やはり現代の音楽家だとこうなるのだな、と個人的には残念でしたが、それらも含め大変楽しめました。
Photo_20240606215601
 才女、木村まりさんと。

6月2日(日)
 レッスン後、近所にお住まいの茂手木潔子先生のお宅で過ごす。
 いろいろな事をご指南くださり、ありがたいです。ドーナツをご馳走になり、中国箏まで頂き、幸せ〜。

6月4日(火)
 平塚市ひらしんホールの大練習室でリハ。まだ公開しませんが、ここで箜篌の歴史上初めての試みを。
 また、珠実さんにご案内いただき、平塚の海岸を見ました。湾には馴染みがありますが、大海原の表情もはそれとは異なりスケールが大きい、と感激。
Photo_20240606222801
3_20240606222701
Photo_20240606223101
Img_6315
 次の私たちの本番はこちら。少々、情報が異なっておりますが『Maxサマースクール・イン・藝大2024』のコンサートで演奏いたします。

 向暑の季節となりました。皆様の健康と幸せを祈っております。

| | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »