2006年12月23日 (土)

よっしゃー、エッシャー

 私の周りの人間のせいにしてはいけないが、とうとう私にもだじゃれもどきの悪い癖が乗り移ってしまったかのような本日のタイトル。
 東急文化村で行われたエッシャー展に行ったが、午前中だというのに人の多さに驚いた。入り口で任天堂DSを手渡された。それを持って解説を聞きながら見て回れるという、とても便利な物である。
 がしかし、日頃から手紙はすべてメールになり、それに付随して請求書、申請書等もすべて添付され、毎日慣れないパソコンでダウンロード等苦労しているので、美術館に来てまで、このマシーンを相手に人が描いた物を見つめなければいけないのだろうか、と少々げんなりする。
 さらに驚いた事に、解説だけでなく音楽も流れてきた。
 それだけで想像力がかなり減退するので途中で使う事を止めた。
 感嘆しきりで見ていた作品もいよいよ最後の方で、映像や写真で本人が登場した。想像通りの顔であった。
 少なくとも、先々週お会いした大竹伸朗氏とは全く違うタイプの風貌であろうと想像していたからだ。
 画集を購入し、お決まりのドゥ・マゴで赤ワインと共に静かなランチ。

12月21日(木)
 吉野弘志さんとデュオ。
 久しぶりに日疋さんにも会え、とても嬉しかった。
 吉野さんの音は深みがあり、柔軟なスタイルを持ち、何でも知っている仙人の音を出したかと思うと、向こう見ずな青年のような力あまりある悲しい音楽を奏でたり、と、何が出てくるかわからない強力な玉手箱の様な方。今年の最後のLIVEにふさわしい夜となった。

12月22日(金)
 作曲の為に購入したYAMAHA CP300が届く。
 もうすぐフェンダーのホットロッド・デラックスも届く。このアンプを最初に使うのは来年1月15日にLIVE HOUSE インF共演するで太田恵資(vln)とのデュオになりそうである。どのようにインFで共鳴してくれるか、今から楽しみである。
 夕食は ベビーリーフ、ルッコラ、スモーク鴨とその皮をカリカリに焼いた鴨ベーコン、アーモンド、ガリック・チップスのサラダ。昨日作ったトマトスープをさらに煮込みキノコやサワークリームを加えて作った即興ソースを和えたスパゲティーニ。
 家で食べる料理は沢山野菜が頂けるからいいですね〜。

2006_1222_002

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

Mixed 2006: Ouistiti

12月5日(火)
 11月下旬のLIVE & RECORDINGが終わった後、このところ私は知人の発表の場に恵まれ、時間が許す限り出歩き見たり、聴いたりしています。
 及川キーダさん(画家)とトシ・オオタさん(写真家)の共同プロジェクトである個展のオープニング・パーティーに出かけました。
 キーダさんと最初に共演したのは森ビル・カラヤン広場の夏祭りで、私が音楽を担当し、彼女がライヴ・ペインティングをするという催し。それ以来、何度か共演をしています。
 そうそう!私が定期的に企画している、箏をフィーチャーしたイベント『じゃぽねすくの夜』でも、ジェイソン・レブキ(bass)が加わったトリオでセッションをし、会場の六本木スーパーデラックスの壁いっぱいに渾身の絵を描いて頂きました。

"Mixed 2006" -Ouistiti-
Toshi Ota + Keeda Oikawa コラボレーション at The Pink Cow !
2006年12月1日 (fri)〜31日 (sun)
http://www.thepinkcow.com
http://www.keeda.com

 私と同じ世代の人として大きな山を越した感のある彼らと、また何かやりたいと思いました。

--------------------

 夕食は代官山のシェ・アズマ。
 馬肉のカルパッチョ、ブダン・ノワール、写真のカスレ。

285490403_197s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

SEVENTEEN と湯浅学氏

12月2日(土)
 昨年の秋、十七絃箏という、西洋楽器に例えるとチェロの音域に近い、低い音の箏だけを使って録音したオリジナル曲集『Seventeen』(ジパング)をリリースしました。私の音楽だけでなく、深い音色のするこの楽器の良さが伝わればと思い、レコーディング方法にもこだわって作りました。
 その時にライナー・ノーツを書いて頂いたのが、あこがれの(お兄様と勝手に呼んでいる)湯浅学氏。
 本日は、東京都現代美術館で行われている大竹伸朗氏との対談を聞きに出かけました。
 それにしても大竹氏の、作品の多さに驚く。ショックという言葉が近いくらい。
 対談中、大竹さんは幼少の頃、台風の後の堤防を見に行く事が大好きだったと仰っていました。そこには、犬や猫の死骸、ボール、木屑、鉄の固まり等様々なものが一緒くたになっていた、と。
 そういった彼の色彩感覚、銭湯通い等に始まった育ち方すべてが作品一つ一つに反映されている、と思いました。
 さらけ出し。
 敬愛するSax奏者のペーター・ブロッツマンも最近のインタビューで「自らの人生の隠された部分を表現できないのなら、芸術家を目指すのはやめたほうがいい」と言っています。




Seventeen


Music

Seventeen


アーティスト:八木美知依

販売元:インディペンデントレーベル

発売日:2005/10/08

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

グルメ・クッキング | 文化・芸術 | 音楽