広島弁と名古屋弁の意外な事実も明らかになりました。