中央が舞台担当の高橋浩太郎君、その左が橋本龍太郎君。