大友さんは、ぐんぐん自分の世界へメンバーを巻き込んでいきました。さすがです。