演奏を終えペーターさんに別れを告げるジョン・チカイさん。